独学でヨガするときはヨガマットは必要?

こんにちは、とうこです。ヨガを自宅で独学でやるときってウェアとかヨガマットみたいなのどうしているんでしょうね?

ヨガスタジオでやるなら服はオシャレなヨガウェアでやりたいですが、自宅で一人でやるだけだからキャミソールとかスウェットで十分ですよね。

あとは、ヨガマットですよね。家にラグとか絨毯もないですからさすがに買おうかなと思います。

ヨガウェアの一般的な素材はポリ塩化ビニールという素材で、安定感があり、クッション性も良く安定感がありバランスのとれた素材としてヨガマットに採用されています。

もう少し値段が高いのが、天然ゴムです。ヨガマットに適した安定した弾力、グリップ力があり滑りにくく本格的にヨガをする方が長く愛用できる素材です。天然のゴムの木の樹液から作られているのでもちろん環境にも優しいエコな素材です。

あとは、TPE(熱可逆性エラストマー)という比較的新しくできた素材です。ここ最近のヨガマットの主流な素材として使われるケースが多くなりました。環境への配慮がされているエコな素材であることが特徴です。軽くてにおいがほとんど無く、水拭きも可能でお手入れが簡単にできるので大変扱いやすい為、多くのヨガマットの素材として採用されています。

manduka(マンドゥカ)っていうブランドがヨガ界では有名みたいですね。

あと結構よく使われるのがヨガブロックです。ヨガブロックとは、難しいヨガポーズをする際に高さや力の入り具合をサポートする、ヨガの補助具です。ヨガブロックでブレない土台を作ることで安定し、リラックスできる正しいポーズをとることが可能になります。

正直、ヨガブロックにお金かけても仕方ないので100均で十分そうです!(笑)

ヨガは継続することに意味があるようです。このヨガ独学ってサイトにも書いていましたが、朝の5分だけでもいいようです。たった5分でも、朝一番に身体を立ち上げて温めると、代謝が良くなり、日中とてもすっきりした意識で過ごせるようになるようです。

ヨガを独学で始めるのが楽しみです!

独学でヨガをするメリット

こんにちは、とうこです。独学でヨガをするためにネットで色々調べてたら面白い記事がありました。

その人は独学でヨガを5年間続けているそうで、その独学でヨガをやったメリットなどが書いていました。

まずはお金がかからない。ヨガマット5,000円、ヨガブロック2,000円、ヨガ関連の書籍やDVD5,000円、ヨガレッスン代6回分15,000円。合計5年間で27,000円です。「あれっ、ヨガレッスン代?自宅でヨガじゃないじゃん」と思いきや、1人でやっていてどうしてもやる気が出ない時や新しい発見がほしい時に行ったそうです。

メリット2つめは、自分1人のペースでやれるから余計な交流の煩わしさがないとのこと。ヨガを通じて色んな人やインストラクターと知り合って交流したい!」という人には独学でヨガするのはあまりオススメしませんが、自分がやりたいときに、やりたいポーズを、やりたい時間だけしたいって人には全然独学ヨガで大丈夫とのことです。ちなみに、その人は朝出勤する前の5分と、休日は20~30分くらいしかやっていないようです。

メリット3つめは、たまにヨガレッスンに行った時の新鮮さや学びの多さがすごいということ。独学ヨガには「自分のポーズが合っているか客観視できない」という大きなデメリットがあります。鏡で確認するには限界があるし、間違ったポーズで続ければ身体を痛める可能性もありますからね。

半年に1回くらいのペースでヨガ教室に行ったそうですが、独学で自ら試行錯誤しながらコツコツやってきたことが間違っていたときはショックですが、独学でやってきたポーズをインストラクターさんに褒めてもらえたときはめちゃくちゃ嬉しかったそうです。プロが教えるヨガのレッスンは気づきと発見のオンパレードで新鮮で楽しいものだったそうです。

今やヨガ関連の書籍やDVD、ネット上の動画も豊富だし、意欲さえあればヨガは全然独学でできるとのことです。とりあえず独学で始めてみて、ある程度身体が慣れてきたら、一度ヨガクラスに行ってみる方法が一番オススメということです。参考になりました!

ヨガとは?ヨガについて調べてみました

こんにちは、とうこです。今回、独学でヨガをするにあたり、まずはヨガについて色々調べてみました。私は広く浅くというよりは狭く深く派なので、とことん調べたくなるんです。自分用のメモでもあります。

「ヨガ」とはサンスクリット語で「つながり」を意味しています。体、心、魂を神(あるいは宇宙)に結びつけることの修行法として、紀元前4000年~2000年頃、インダス文明で生まれたそうです。

ヨガの呼吸法は、呼吸を制御することで活力と集中力が増し、心と体を結びつけてくれます。また、血液や脳、細胞ひとつひとつに酸素が送り込まれ、体の内側から活性化するという効果もあります。

医学的にも「肺活量と呼吸量の著しい増大」「体重減少と肥満解消」「コレステロールと血糖値の低下」「腰痛の改善」なども報告されているようです。

さらにヨガの効果では、身体の歪みがなくなりシェイプアップ効果や姿勢が良くなったり、自然治癒力や集中力が高まったり、ホルモンバランスが良くなったりと良いところづくめです。ヨガはコア(体幹)と呼ばれる深部の筋肉を鍛えるので、脂肪の付きにくい美しい身体になるようです!

ヨガのデメリットも探したんですが、これといったデメリットがないんですよね。

ちなみに、ヨガ人口ですが、1ヶ月に1回以上ヨガを実践している人はアメリカでは3600万人以上、日本国内で590万人以上だそうです!ちなみに、世界でも3億人以上だそうです!インド人もびっくり!(笑)

なんだか書きながらヨガやりたくなってきました!独学でヨガやります!

30過ぎたら身体のケア

33歳のとうこっていいます。30歳過ぎたら身体がいきなり疲れやすくなって思うように動かすのが少し大変になってきました。

衰えってやつでしょうか?まだまだ気持ちは若いつもりなんですけど、気持ちだけ若くてもしかたないですよね。

普段から肌とかの美容にはこだわりがあったんですが、体力的な物は歩けて仕事ができればいいかなくらいに考えててボディケアはあまりやってこなかったんです。でもさすがにここまで疲れやすくなるとホルモンバランスも崩れてくるのでリフレッシュさせたりリラックスさせる意味でヨガをやってみようと思います。

でもね、ヨガってなんか若い人がいるようなイメージで30過ぎた私には通いにくいです。そこで独学で家でもできるヨガを探しました。

マットとかの必要な物はすぐ揃えられるのでそこは大した問題じゃないんですけど、問題なのは姿勢です(というかフォームです)。

ちゃんと教材通りで着てるかとかこれであってるのかとか考えだすとダメな気がします。ヨガはフォームにこだわらず呼吸とか柔軟性とかリラックスが大事ってどっかに書いてあった気がしますけど、私気にしいなのでついつい気になって集中できないんです。

きっとできるようになったら身体の重さも違うんだって思いで取り組もうと思います。